2015年2月、アメリカの肥満研究グループが、食事制限や運動などの従来のダイエットでは一時的に痩せることはできても、適正体重を維持し続けられる可能性は1%にも満たないと発表しました
* C.N.Ochner et al. “Treating Obesity Seriously: When Recommendations for Lifestyle Change Confront Biological Adaptations.” The Lancet Diabetes & Endocrinology Vol 3, No.4(2015): 232-234.


それでもあなたは、食事制限と運動でダイエットをしますか?

 

 

 

これら全て、あなたに責任ではありません。あなたが悪いわけではなかったのです。

 

実は、体重は、何を食べるか?や、どんな運動をするかによってではなく、

のエネルギー調整システムによって管理されています。

 

そのシステムを理解することによって、あなたもダイエットの繰り返しから卒業することができます!

 

これは、最新の運動生理学、生理心理学にもとずいて考えられた方法だからです。

 

 

tri

 

無料で読む

 

 

 

当初、私は体重が増えてしまいそれがとてもストレスになっていました。以前にも食事制限や運動で痩せたことがあるので、またもう一度それをやろうと決心しパーソナルトレーナーを探していたところ、インターネットで村上さんを見つけました。

 

カウンセリングを受けて一番ビックリしたことは、「ダイエットはしないでください」と言われたことでした。

 

体重を落したいのにダイエットをしてはいけない。わざわざパーソナルトレーナーをつけて、ダイエットをしようとしているのに、ダイエットをしないってどういうことなの?

 

はじめはどういう意味なのか全く理解することができませんでした。

しかしお話を伺って、体重の調整をしているのは脳で、そして脳は体内で様々なホルモンを出すことによって、代謝を上げ下げしていることを知りました。

 

それから3ヶ月間毎日の体重と食事の写真を送り続けましたが、気をつけることは非常に簡単でした。制限を設けないで常に楽しむこと、たったそれだけだったのです。

 

すると、思いもよらず、体重はみるみるうちに減少していき、毎月3キロ順調に減っていきました。そして、最終的には、目標としていた48キロ、マイナス10キロを達成することができました!今でも夢のようで信じられません。

 

信じられないのも当然です。食生活は以前と何も変わらず、甘いものや油物も食べているんです。人間のカラダは本当に不思議です。メカニズムを理解してそれを逆手に取ればいいのですね。3ヶ月間目からウロコの体験でした。

 

プログラムが終了して半年になろうとしていますが、ご飯を食べ過ぎたときの体重が少し上がるくらいでちゃんと48キロをキープしています。

 

何よりも、人の本当の美しさとは何か?や、自分が本当に求めているものが何かなどを理解することができたことは、美しさをキープしていく上で何よりも代え難い財産となりました。

 

T.SさんのLINE交換日記

ー2015年11月18日〜2016年2月19日までの3ヶ月間

 

 

tri

 

 

日本で唯一

 

 村上晃平資格

 

2001年に独立して以来16年間、延べ15,000時間以上のパーソナルトレーニングの実績を持つ。

 

モデル、タレント、オリンピックアスリート、大手企業経営者に至るまで、最新の運動生理学、生理心理学に基づくパーソナルトレーニングを実施。2012年にはミス・インターナショナル世界一を輩出する。

 

また、2014年には全日空(ANA)のメンタルビューティー&フィットネスプログラムを開発し、「心が変わればカラダが変わる」という生理心理学的事実の啓蒙セミナーを実施するなど、フィットネスコンサルタントとして、法人企業のコンサルティングもおこなっている。

 

同時に、ダイエットで悩んでいる人をなくしたいという想いのもと、全日空のために開発されたプログラムを一般の人向けに開発した「ファーストクラスビューティートレーニング」、オンラインで学び結果を出す「ダイエット卒業アカデミー」を主宰し、個人向けのセミナーやコンサルティングもおこっている。

 

その他、健康関連事業従事者を成功に導く「The First Class」の主宰、パーソナルトレーナー検索サイト「トレなび」の運営、ダイエット・トレーニングに関する著書の執筆などにも注力している。

 

テレビ・雑誌など各種メディアでもその活動が紹介され、テレビ出演および、ファッション誌、ゴルフ、テニス雑誌などのスポーツ雑誌への連載や寄稿も多数。

 

アイディアルボディデザイン企業理念である「心と身体の健康を通して、世界71億人を幸せにする」の実現を目指し、日々奮闘中。

 

 

tri

 

 

 

 

 

もしくはその両方をやれば!!ダイエットは成功するはず!!

できるできない、やるやらないに関わらずそう思われている方も沢山いらっしゃるでしょう。

 

それは仕方がありません。なぜならほとんどのトレーナーや専門家も、今までそうのように教育され、テレビや雑誌などもそれが正しい情報であると流しているのですから。現実にはそれでは結果が出ないケースも沢山経験しているにも関わらずです。

 

しかし、「食事制限と運動によるダイエット」が「正しい情報」であるという誤った情報を流してきた時代が終ろうとしています

 

2015年、アメリカの肥満研究グループが、食事制限や運動などの古典的な ダイエットでは一時的に痩せることが出来ても、適正体重を維持し続けられる可能性は1%にも満たないと結論づけました。

(C. N. Ochner et al. “Treating Obesity Seriously: When Recommendations for Lifestyle Change Confront Biological Adaptations” The Lancet Diabetes & Endocrinology Vol 3, No. 4 (2015): 232-234.)

 

また、日本でも肥満症の治療で有名な、東邦大学医療センターは、肥満症治療の基本は、「栄養療法」「運動療法」「内科的治療」であることは間違いありませんが、残念ながら約95%の方は長期的な体重減少を維持することは困難です。と言い切っています。

 

あなたは、人はなぜ太るのかを正しく理解できていますか?

 

沢山食べるからでしょうか?

運動をしないからでしょうか?

 

いいえ、違います。

 

答えは、人は生命を維持するためにはカロリーが必要なので、脳がカロリーを蓄えるように常に指令を送っているからなのです。

人間が太るのは沢山食べるからでもなく運動しないからでもないのです。

 

あなたにはこんな経験はありませんか?

 

ダイエットを始めて、あきらかに食事の量は減っているのに、全く体重が減ってこない。

 

最近歩くようにしているし、食事もバランスのいいものを心がけているのに、なぜか少しづつ体重が増加している。

これは、脳がカロリーを蓄えるように働いているから起ることなのです。食べ物でカロリーが入ってこようがこまいが、運動でカロリーを消費しようがしまいが、脳がカロリーを蓄えましょうという指令を送り続けているので、体重は増えていきます。

 

厚生労働省が発表している、日本人の体重増加は、一年あたり平均500グラムです。10年5キロ。25歳のときには、52キロだった体重は、何もしなければ35歳になれば57キロになっているということです。

 

成人は、筋トレ以外で筋肉を増やすことはできませんので、この10年の5キロの増加というのは、当然、体脂肪です。

 

さらに、成人は、加齢により一年あたり0.51パーセント筋肉量が減ります。

筋肉量が減っても体重が増えているので、実際に体脂肪が増えている量は、5キロプラス筋肉が減った量ということになります。

 

 なかには、10年前と全く体重が変わらないという人もいます。

そういう人は、体重が増加するばずの量の体脂肪が増え、その分と同じ重さの筋肉量が減っているといことです。

 

いずれにせよ、脳の指令、カロリーを蓄えましょう、つまり体脂肪を蓄えましょうという指令が体重を増やしているのです。

  

 

 

沢山食べるから太る、運動しないから太ると思い込んでいる人は。逆に言えば、食事制限と運動でダイエットは成功すると思い込んでいるということです。

 

そのような人が一念発起すると、2ヶ月で◯◯キロ痩せる!!という最近大流行している短期間集中ダイエットに通い始めるのです。

 

短期間集中ダイエットは2ヶ月で◯◯kg痩せる!とうたい、実際にそのような結果が出ている人がいるのは事実です。

 

これはこのようなメカニズムによっておこります。

 

先ほど脳はカロリーを蓄えましょうという指令を常に出しているという話をしましたが、短期間集中ダイエットでは、食事制限によって大幅に摂取カロリーを下げる、それからトレーニングカロリー消費量をあげます。

 

そして、それがあまりにも急激におこるので、脳が急には対応できず最初の2ヶ月程度は体に蓄えられたものでエネルギー不足を補うため、体重が下がっていくのです。

 

しかし、人の脳は非常に賢いため、カロリーが入ってくるそして出ていく状況に少しずつ順応していきます。

そして、最終的にはカロリーの状況がどうであれ、もとの通り毎年500グラム蓄えるところまで調整します。

 

何を調整するかは簡単です。それは、体のエネルギーの消費量です。カロリーが入ってこなければ使わなければいいだけなのです。

 

つまり、食事制限によってカロリー摂取量を減らす、運動によってカロリーの消費量を上げる、あるいはその両方で、今までのようにカロリーを溜めることができないと脳が判断した場合、脳は体のエネルギーの消費量を下げるのです。

 

先ほど紹介した、アメリカの研究グループは、このような従来のダイエット法では逆に太りやすくなってしまうと発表しています。

 

したがって、カロリーの摂取量や消費量に着目した全てのダイエットは成功しないのです。

 

では、何に着目すればいいのでしょうか?

 

それは、がどのようにして、エネルギーを溜め込むように体に信号を送っているかというメカニズムです。

 

 

 

 

世の中にある全てのダイエットは、カロリーを減らすあるいはカロリーの消費量をあげる、もしくはその両方を同時にやることによって減量しましょうというものばかりです。

あなたが、今まで試してきたものも全てそのどれかに当てはまります。

 

そして、それは成功していますか?

 

もしかしたら、一時的には減ったかもしれません。でもまた元に戻っているとしたら、それは成功したとはいえませんね。

 

アメリカの研究チームが発表しているように、従来のダイエット方法では体重は元に戻ってしまうので、結局また何かしらの方法を繰り返すことになります

 

つまり、従来のダイエット法では一生ダイエット地獄から抜け出せないということです。

 

世の中には数えきれない程ありとあらゆるダイエット法があります。そのなかから、あなたがこのウェブサイトをご覧になっているのは何かの縁かもしれません。

 

是非この機会にダイエットを卒業する7つの新ルールを手にいれて、

 

体重が気になってストレスを感じる生活を卒業しませんか?

 

好きなものを我慢してストレスを溜めてしまうのを卒業しませんか?

 

毎回食事のあと罪悪感を感じてしまうストレスから解放されませんか?

 

tri

 

 

 

 

 

 

追伸

 

ここまでお読みいただき心より御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 

身も心も軽くなり、毎日をより軽快に爽快に過ごしている自分を想像してみます。

 

なんだかワクワクしてきます。もう体重やダイエットに自分の人生を邪魔させない!!

 

そんなあなたがそこにいます。

 

でも、もしかすると、今まで色んなダイエットを試してきたし、先生と呼ばれるような人の意見も取り入れてみたけどやっぱり結果はこの通りだし・・・

 

そう思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

 

でもその思いは間違っていません

 

なぜなら、これまでお話ししてきた通り、間違っていたのは今まで聞いたり、見たりしてきた情報だからです。

 

しかし、今あなたの手の届くところに正しい情報「ダイエットを卒業する方法」があります!!

 

これは、今まで医者やトレーナーや栄養士が教えてくれた正しいダイエットの方法ではなく、ダイエットそのものやらない方法なのです。

 

この機会を見逃すことなく、食事をどこか100%楽しめない自分体重がいつも気になってしまう自分から、解放され、毎日を楽しく過ごしている自分を手にいれてください。

 

tri

 

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

Copyright (C) 2017 Idealbodydesign Inc. All Rights Reserved.